NHK 土曜ドラマスペシャル 真珠湾からの帰還~軍神と捕虜第一号~ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » スペシャルドラマ » NHK 土曜ドラマスペシャル 真珠湾からの帰還~軍神と捕虜第一号~

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    NHK 土曜ドラマスペシャル 真珠湾からの帰還~軍神と捕虜第一号~

    土曜ドラマスペシャル
    真珠湾からの帰還~軍神と捕虜第一号~
                公式ホームページ
    放送予定
    [NHK総合] 2011年12月10日(土) 21:00~22:30


    イントロダクション


    今から70年前の12月8日、日本の真珠湾攻撃から太平洋戦争が始まった。
    その時、仲間とともに死を覚悟して戦場に向かい、ただひとり生き残った男がいた。
    男は捕虜第一号となり、死んだ仲間たちは軍神となった・・・。


    あらすじ


    昭和16年、日米の緊張が高まるなか、特殊潜航艇甲標的乗員に選ばれた酒巻和男少尉は、愛媛県の三机で岩佐中尉のもとで仲間たちと共に訓練に励んでいた。
    昭和16年12月7日、真珠湾から10海里の地点で伊号潜水艦から発信した甲標的は、2艇のみ真珠湾潜入に成功したが、結局戦果をあげることはできなかった。全艇帰還せず9名が戦死。唯一酒巻少尉だけが生き残り、太平洋戦争における捕虜第一号となった。
    大本営は岩佐大尉以下9名の戦死者を英雄として発表し、マスコミは彼らを「九軍神」と讃えた一方、捕虜第一号となった酒巻少尉は、捕虜になった為に日本国内ではその存在を一切抹消された。酒巻少尉はアメリカ国内の収容所で捕虜生活を続けるうちに、なぜ自分だけが生き残ったのか、生かされた自分は何をすべきなのかを考えていく。


    キャスト


    酒巻和男少尉・・・青木崇高 唯一の生存者
    特殊潜航艇甲標的で真珠湾攻撃に参加し、ただひとり生き残り、捕虜第一号となった。アメリカの収容所で日本人捕虜たちの指導者となる。

    岩佐直治大尉・・・平岳大 酒巻の上官
    真珠湾攻撃の甲標的による攻撃のリーダー。作戦に加わった部下たちはもちろん、上官からも信頼される人物だった。

    岩宮緑・・・蓮佛美沙子 旅館の娘
    愛媛県佐田岬半島三机で、甲標的の訓練生たちが宿泊した岩宮旅館の次女。明るく快活で、訓練生たちから慕われていた。岩佐に恋心を抱く。


    スポンサード リンク

    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/648-c14bc918