なつぞら 14週83話 「千遥からの手紙」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » なつぞら » なつぞら 14週83話 「千遥からの手紙」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    なつぞら 14週83話 「千遥からの手紙」あらすじ ネタバレ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「なつぞら」 第14週83話 7/5ネタバレになります。

    久しぶりの十勝。
    千遥の生い立ち。

    朝ドラ なつぞら(83)の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    なつぞら 第14週 83話 「なつよ、十勝さ戻って来い」


    なつと咲太郎は、千遥に会えると急いで柴田家に向かいましたが、そこには千遥は居ませんでした。

    千遥に会えず、大変ショックを受けます。

    なつは、「やっぱり私に会いたくなかったんだ…。」と、自分を責めました。

    富士子は、「そんなことはない」と、なつを励まします。

    そして、柴田家で過ごした千遥の様子について、教えてあげます。



    千遥には会えませんでしたが、突然の帰省になり、再会に喜ぶなつや柴田家。

    休暇を満喫します。


    そんななか、なつと咲太郎に手紙が届きます。

    送り主は、千遥です。

    その手紙には、戦後の千遥の生い立ちが書かれていました。

    そして、なぜ、なつと咲太郎に会わずに姿を消したのか、本当の理由が書かれてありました。

    二人は、千遥の事がわかり、ほっとします。

    皆が励ましたくれたとおり、なつと咲太郎を嫌いになって姿を消したのではないとわかりました。

    ♢2019年度前期 NHK朝の連続テレビ小説
     なつぞら(83) 2019年7月5日(金)
     「なつよ、十勝さ戻って来い」第14週(7月1日~7月6日) 
     なつぞら 公式サイト


    スポンサード リンク