なつぞら 16週93話 「彼の存在」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » なつぞら » なつぞら 16週93話 「彼の存在」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    なつぞら 16週93話 「彼の存在」あらすじ ネタバレ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「なつぞら」 第16週93話 7/17ネタバレになります。

    久しぶりに川村屋へ。
    なつ、夕見子の将来への不安。


    朝ドラ なつぞら(93)の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    なつぞら 第16週 93話 「なつよ、恋の季節が来た」


    日曜日。

    仕事がお休みななつは、夕見子と雪次郎の住むアパートを訪ねました。

    3人は、一緒に映画を見に行くことに。

    映画鑑賞した帰り道、なつは、二人を連れて、久しぶりに川村屋に立ち寄りました。

    光子が出迎えてくれます。

    なつは光子へ、咲太郎が声優プロダクションを設立したことなど、近況を報告します。


    夕見子は、「映画の世界にジャズの音楽を入れることはできないのか?」と、質問しました。


    なつは、不安になります。

    夕見子の彼がジャスをやっている人だったからです。

    夕見子は、このまま大学に通わず、家族にも知らせず、彼と一緒に居る為に北海道での暮らしを手放し、東京で暮らすことになる
    のではないかと…。

    夕見子は、帰る気がないのではないか…。

    ♢2019年度前期 NHK朝の連続テレビ小説
     なつぞら(93) 2019年7月17日(水)
     「なつよ、恋の季節が来た」第16週(7月15日~7月20日) 
     なつぞら 公式サイト


    スポンサード リンク