なつぞら 19週109話 「なつよ、開拓者の郷へ」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » なつぞら » なつぞら 19週109話 「なつよ、開拓者の郷へ」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    なつぞら 19週109話 「なつよ、開拓者の郷へ」あらすじ ネタバレ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「なつぞら」 第19週109話 8/5ネタバレになります。

    なつ、坂場と結婚の報告へ。
    泰樹に反対され…。

    朝ドラ なつぞら(109)の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    なつぞら 第19週 109話 「なつよ、開拓者の郷へ」


    昭和41年の秋。

    なつと坂場は、十勝にやって来ました。

    二人を今か今かと待ち構えていた柴田家の面々。

    緊張しながらも、結婚の挨拶をする坂場です。


    一応、形式は大事とこだわる富士子たちですが、坂場からの挨拶を最後まで聞き入るのに、落ち着きません。


    「なつさんを私にください。」と、頭を下げる坂場。


    皆、新しい家族が増えると喜びますが、泰樹だけは難しい顔です。

    さらに、坂場が無職だとわかると、なお更です。


    泰樹は、「仕事を見つけてから挨拶に来るのが筋じゃないか!」と、一括しました。


    ところが、そこで声をあげたのは、剛男です。

    剛男の一言で柴田家の面々は、なつが決めた人だからと、なつと坂場の結婚を賛成します。

    ♢2019年度前期 NHK朝の連続テレビ小説
     なつぞら(109) 2019年8月5日(月)
     「なつよ、開拓者の郷へ」第19週(8月5日~8月10日) 
     なつぞら 公式サイト


    スポンサード リンク