なつぞら 21週121話 「なつよ、新しい命を迎えよ」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » なつぞら » なつぞら 21週121話 「なつよ、新しい命を迎えよ」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    なつぞら 21週121話 「なつよ、新しい命を迎えよ」あらすじ ネタバレ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「なつぞら」 第21週121話 8/19ネタバレになります。

    妊娠の報告。
    麻子、再び。

    朝ドラ なつぞら(121)の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。



    なつぞら 第21週 121話 「なつよ、新しい命を迎えよ」


    なつは、妊娠したことを報告するため、咲太郎の会社・風車プロダクションを訪れました。

    咲太郎は出払っていて、光子だけがいます。

    なつは、光子に妊娠したことを報告しました。

    光子は大変喜んでくれます。

    そこへ、咲太郎や蘭子たちが帰ってきました。

    皆、なつの妊娠を心から祝福してくれます。


    なつは、十勝の実家・柴田家へ、妊娠の報告の電話をいれました。

    なつは、母になる不安を口にします。

    富士子や泰樹たちは、待ちにまったなつの妊娠に、とても喜んでくれました。


    数ヶ月が経過しました。

    なつは、下山から、ある人の話しを聞かされます。

    なつと坂場の自宅に、留学していた麻子が突然訪ねて来ました。

    麻子は、坂場に一緒に仕事をしないかと…。

    ♢2019年度前期 NHK朝の連続テレビ小説
     なつぞら(121) 2019年8月19日(月)
     「なつよ、新しい命を迎えよ」第21週(8月19日~8月24日) 
     なつぞら 公式サイト


    スポンサード リンク