なつぞら 23週134話 「天陽、永眠」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » なつぞら » なつぞら 23週134話 「天陽、永眠」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    なつぞら 23週134話 「天陽、永眠」あらすじ ネタバレ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「なつぞら」 第23週134話 9/3ネタバレになります。


    天陽、最後の力作。
    なつと優、夏休みに十勝に帰省。

    朝ドラ なつぞら(134)の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    なつぞら 第23週 134話 「なつよ、天陽くんにさよならを」


    東洋動画を辞めてマコプロダクションに、神地と桃代が移籍しました。

    坂場はなつに、「大草原と小さな家」の書籍を見せ、この作品をアニメ化したいと考えている。

    なつと一緒に作りたいと、「マコプロダクション」への移籍を打診しました。

    しかし、なつは、これまでお世話になった仲や会社を裏切ることはできない、今すぐには移籍は出来ないと考えます。


    その頃、体調を崩して再入院していた天陽は、病院を抜け出していました。

    アトリエに籠もり、描きかけの馬の絵を徹夜で描き続けます。



    そして、一枚の絵を完成させます。

    天陽は、一晩中寄り添ってくれていた靖枝を起こすと、病院に戻る前に畑を見てくると言い残して、アトリエを後にしました。

    ところが、それが天陽の最後になってしまいます。

    天陽は、ジャガイモ畑に向かったところで倒れて亡くなってしまいました。


    夏が終わる頃、なつは夏休みに優を連れて十勝に帰省します。

    久しぶりの里帰りに温かくなつと優を迎え入れてくれる柴田家の面々でしたが、天陽のことを知らされていないなつは…。

    ♢2019年度前期 NHK朝の連続テレビ小説
     なつぞら(134) 2019年9月3日(火)
     「なつよ、天陽くんにさよならを」第23週(9月2日~9月7日) 
     なつぞら 公式サイト


    スポンサード リンク