なつぞら 25週150話 「富士子、上京」あらすじ ネタバレ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » なつぞら » なつぞら 25週150話 「富士子、上京」あらすじ ネタバレ

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    なつぞら 25週150話 「富士子、上京」あらすじ ネタバレ

    朝ドラ NHK連続テレビ小説「なつぞら」 第25週150話 9/21ネタバレになります。

    剛男、千遥を心配し上京する。
    なつと優のサポート。

    朝ドラ なつぞら(150)の 詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    なつぞら 第25週 150話 「なつよ、千遥よ、咲太郎よ



    剛男は、千遥を心配して十勝から駆けつけて来ました。

    剛男が預かっていたなつたちの父親の手紙が、咲太郎となつと千遥の三兄妹全員に届いたことを知り安堵します。

    剛男は、なつが仕事が忙しく、寝ないで仕事をしていることに驚きます。

    なつの身体を心配しました。

    さらには、優が小学校に上がってからの生活を問題視します。


    一方、剛男は、最近、泰樹が穏やかになったと話します。

    なつは、夏休みになったら優と千遥と千夏を連れて遊びに行くといいました。


    十勝に戻った剛男は、なつたちの生活の様子をみんなに話します。

    それを聞いた泰樹は、富士子に「なつを助けてやれ!」と、東京へ行くことを願いました。


    その結果、富士子は、なつと優たちをお世話をするために上京しました。

    ♢2019年度前期 NHK朝の連続テレビ小説
     なつぞら(150) 2019年9月21日(土)
     「なつよ、千遥よ、咲太郎よ」第25週(9月16日~9月21日) 
     なつぞら 公式サイト


    スポンサード リンク