朝ドラ「スカーレット」16 第三週「古い信楽焼き」 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » スカーレット » 朝ドラ「スカーレット」16 第三週「古い信楽焼き」

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    朝ドラ「スカーレット」16 第三週「古い信楽焼き」


    NHK連続テレビ小説 スカーレット(16)「ビバ!大阪新生活」
    2019年10月17日(木)放送予定


    <昨日の話 10/16>
    荒木荘の住人で、しばらく姿を見せない男がいることが判明。

    その頃、巷では同世代の男性の遺体が見つかったニュースが。

    「もしかしたら…」と、圭介とちや子は、その男の部屋の前に行きました。

    すると、ちょうど喜美子がやって来て、喜美子が声をかけることに。

    結局、男は引きこもっていただけでした。



    <2019年10月17日(16) あらすじ>スカーレット:公式サイト

    荒木荘で女中として修業することになった喜美子は、二週間、大久保の厳しい指導を受けながら女中修業を精一杯頑張ります。

    一方、信楽では…

    喜美子がいないことで、寂しさを覚える人たちがいました。

    照子は、高校生です。

    スポンサード リンク


    見た目は変わりないように振舞っていますが、幼なじみの照子が居ないことで、とても寂しい毎日を過ごしていました。

    常治は、大阪での仕事を見つけてきた本人ではありましたが、喜美子を心配し、酔った勢いで喜美子のいない寂しさを明かします。

    そこで、大野雑貨店で電話をかりて、喜美子に電話してみることにしました。

    しかし、その電話を無言で切ってしまいます。



    照子から手紙が届きました。

    中には、信作と照子が写っている写真が入っています。

    喜美子は、なんだか切ない気持ちになりました。


    そこへ、ちや子が帰ってきました。

    喜美子の写真に目を通すと、信楽の話しになりました。

    喜美子は、お守り代わりに拾ってきた焼き物のかけらを見せます。

    信楽焼のかけらです。


    ちや子は、そのかけらをしばらくじっと見つめ、「ええ色やなぁ-、信楽焼かぁ-。」

    古い信楽焼きには高い価値があると言います。

    (16)「スカーレット」第三週「ビバ!大阪新生活」 10/17


    スポンサード リンク