朝ドラ「スカーレット」20話 第4週「新聞社で働く」 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » スカーレット » 朝ドラ「スカーレット」20話 第4週「新聞社で働く」

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    朝ドラ「スカーレット」20話 第4週「新聞社で働く」

    NHK連続テレビ小説 スカーレット(20)「一人前になるまでは」
    2019年10月22日(火)放送予定


    <10/21 (19話)のあらすじ>
    今の給料の五倍を出すと言われ、喜美子は即決します。

    しかし、ちや子や雄太郎、圭介のアドバイスを受け、すぐに女中の仕事を辞めるのではなく、新聞社で試し働きすることに決めました。

    大久保には内緒なので、みんな協力してくれます。





    (20)「一人前になるまでは」
    2019年10月22日(火)


    雄太郎の仮病の付き添いという事で、荒木荘を抜け出した喜美子。

    早速、新聞社で試し働きを始めます。

    機敏に湯飲みや散らかった物を片付ける喜美子。

    清掃やお茶だしなど雑用が主な仕事です。


    そんななか、ちや子の勇ましい仕事ぶりに驚きます。

    ちや子は女性でありながら、同僚の男性たちに遜色なく働いていました。



    荒木荘に戻った喜美子は、住人の雄太郎が映画の出演が決まっことを知らされます。

    雄太郎は、「セリフはたった一言だけど、今はお金よりも夢だ」と言って、大喜びしていました。


    喜美子は、ちや子や雄太郎の仕事へのかかわり方、生き方に触発されます。

    仕事のことなど、真剣に将来のことを考えました。

    眠れず、遅くまで考えた喜美子は…

    『途中で仕事を放り出すわけにはいかない!大久保に認めてもらっていない!』と、考えがまとまりました。

    喜美子は決断します。

    転職はできないと。

    (20)「スカーレット」第四週「一人前になるまでは」 10/22
    スカーレット:公式サイト
    ※10月22日(火・祝)「即位の礼」に関する番組にともない放送時間が変わります。
    [総合]午前7時45分~8時(再放送 午後0時30分~0時45分予定)



    スポンサード リンク