朝ドラ「スカーレット」32話 第6週「川原家火の車」 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » スカーレット » 朝ドラ「スカーレット」32話 第6週「川原家火の車」

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    朝ドラ「スカーレット」32話 第6週「川原家火の車」

    NHK連続テレビ小説 スカーレット(32)「自分で決めた道」
    2019年11月5日(火)放送予定


    <前回のあらすじ>

    母・マツが倒れたとの知らせを受け、急いで信楽へ帰郷した喜美子。

    しかし、それは常治の嘘と判明。

    常治は、喜美子を大阪から呼び戻す為に嘘をつきました。

    もう、大阪へ帰らなくてもよい、と。

    すでに、荒木荘を辞めさせるとさだに連絡をしたというのです。

    喜美子は、こんな中途半端なままで荒木荘を辞めることなんで出来ないと考えます。

    さらに、絵の勉強をする為にお金を貯めていたので、やっと念願の学校に行くことが叶うはずで…。




    (32)「自分で決めた道」
    2019年11月5日(火)


    突然、喜美子が信楽へ帰ったきたとあって、親しい仲間たちは集まって大宴会が始まりました。

    常治は、「マツが倒れた…」と言って呼び戻したとは言わず、突然喜美子が帰ってきたと嘘をつきます。

    常治から信楽へ残ることを強制された喜美子は、大阪で働きながら美術学校に行きたいと夢を語ります。

    しかし、女子には勉強は必要ないと考える常治は、喜美子の願いを認めませんでした。



    中途半端なままで大阪を後にしてきた喜美子は、責任があります。

    大阪へ戻る決意は揺るぎません。


    両者平行線のまま折れず、仲たがいしたまま翌日を迎えます。

    喜美子は実家を後にしました。

    途中で信作に出会います。

    すると、信作から驚きの事実を聞かされます。


    川原家は喜美子の仕送りでは生活できず、借金をかかえていました。

    マツの薬代も払うお金がないのです。

    (32)「スカーレット」第6週「自分で決めた道」 11/5
    スカーレット:公式サイト


    スポンサード リンク