朝ドラ「スカーレット」75話 第13週「さよなら常治」 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » スカーレット » 朝ドラ「スカーレット」75話 第13週「さよなら常治」

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    朝ドラ「スカーレット」75話 第13週「さよなら常治」

    NHK連続テレビ小説 スカーレット(75)「愛いっぱいの器」
    2019年12月25日(水)放送予定


    <スカーレット 75話 あらすじ>
    喜美子と八郎は、常治のために大皿を作ることにしました。

    そこへ、マツ、百合子、武志も加わり、家族みんなで心を込めて絵付けをします。

    その頃、大野家では、病状がすぐれなく、食も細くなった常治を元気づけようと、昔、常治と約束したマツタケご飯をご馳走しようと考えます。

    深夜の山へと向かいました。



    家族の想いが詰まった大皿が完成すると、大野忠信、陽子、信作は、マツタケをもって駆け込んできました。

    喜美子たちは、常治の枕元に大皿と松茸を並べます。

    寝たきりだった常治は、体を起こしてくれました。

    すると常治は、「こいつだけは幸せにしてやって欲しいんや。」

    マツや喜美子たちの幸せを願う言葉を口にします。

    そして、感謝の気持ちを述べます。

    常治は亡くなりました。

    (75)「スカーレット」第13週「愛いっぱいの器」 12/25
    スカーレット:公式サイト


    スポンサード リンク