朝ドラ「スカーレット」77話 第13週「ジョージ富士川」 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » スカーレット » 朝ドラ「スカーレット」77話 第13週「ジョージ富士川」

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    朝ドラ「スカーレット」77話 第13週「ジョージ富士川」

    NHK連続テレビ小説 スカーレット(77)「愛いっぱいの器」
    2019年12月27日(金)放送予定


    <スカーレット 77話 あらすじ>
    喜美子は、常治に会いに駆けつけて来なかった直子を叱責しました。

    直子の言い分は、常治からの電話で、「帰ってこなくてよい」というから帰らなかったというものでした。

    駆けつけるのが普通だろうと喜美子に叱責されると、直子は突然泣き出しました。

    駆けつけたかったけど、来れなかったと。

    元気なままの常治の思い出しかないといいます。

    さらに直子は、東京の会社を辞めて大阪で商売をはじめるから、その準備をしてたと言いました。

    一緒に帰ってきた男・鮫島と商売を始めると。



    信楽にジョージ富士川がやって来ました。

    実演会を行うというのです。

    喜美子は、常治が亡くなったあと陶芸に没頭できずにいたため、あのジョージ富士川にもう一度会えると楽しみにしていました。

    ところが、武志が熱をだしてしまい行けません。八郎だけが参加します。


    そんななか、信作と百合子に恋の予感です。

    信作に呼び出された百合子は、肩を抱き寄せられ…。


    その頃、八郎は、講演会に来られなかった喜美子の為に、ジョージ富士川を川原家に招待しました。

    (77)「スカーレット」第13週「愛いっぱいの器」 12/27
    スカーレット:公式サイト


    スポンサード リンク