朝ドラ「スカーレット」107話 第18週「手紙」 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » スカーレット » 朝ドラ「スカーレット」107話 第18週「手紙」

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    朝ドラ「スカーレット」107話 第18週「手紙」

    NHK連続テレビ小説 スカーレット(107)「炎を信じて」
    2020年2月7日(金)放送予定


    <スカーレット 107話 あらすじ>

    武志の進路について気がかりな喜美子。

    大学進学を勧める喜美子ですが、武志からは将来について明確な回答をもらえずにいました。

    喜美子が作陶中に武志がやって来ました。

    武志に作陶させると…

    武志の気持ちを感じ、複雑な気持ちになる喜美子。

    陶芸家になりたいのではないか?



    武志は、喜美子に自分の気持ちを伝えます。

    「陶芸家として成功した代わりに大事なもんを失ったやろ」

    「自分にそこまで陶芸できるかわからへん」

    喜美子は、七年前のことを思い出します。

    八郎が心配し反対したのにもかかわらず、自分の信念を貫いたことを。

    穴窯を成功したと聞きつけ八郎がやって来たのですが、八郎はたちすくんでいました。

    喜美子は、その姿に声をかけられませんでした。

    夫婦ノートの最後には、「すごいな」と記されていました。

    その後、喜美子と八郎は会うことはありませんでした。


    一方、喜美子と八郎は離婚しましたが、武志との手紙のやり取りは密かに続いていました。

    進路に悩む武志は、5年ぶりに八郎に電話をかけます。

    (107)「スカーレット」第18週「炎を信じて」 2/7
    スカーレット:公式サイト


    スポンサード リンク