朝ドラ「スカーレット」108話 第18週「武志、京都の美術大学へ」 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » スカーレット » 朝ドラ「スカーレット」108話 第18週「武志、京都の美術大学へ」

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    朝ドラ「スカーレット」108話 第18週「武志、京都の美術大学へ」

    NHK連続テレビ小説 スカーレット(108)「炎を信じて」
    2020年2月8日(土)放送予定


    <スカーレット 108話 あらすじ>
    武志は喜美子には内緒で、八郎と手紙のやり取りをしていました。

    将来の進路に悩む武志は、八郎に相談にのってもらうために、会いたいと初めて電話をかけました。

    武志は喜美子に気を使い、八郎に会うことを内緒にしました。

    嘘をついて出かけて行きます。

    喜美子は武志の言動がおかしいと思いましたが、見送りました。

    武志は八郎のアドバイスにより、自分の進路が定まります。



    武志は、夜遅くに帰って来ました。

    心配した喜美子は、武志を問い詰めます。

    すると武志は、八郎に会っていたことはふせて、自分の進路について報告します。

    京都の美術大学に行くと。

    喜美子は、『え!』と思いました。

    八郎の卒業した大学だ。


    その日から、武志は猛勉強を開始します。

    一年後、武志は見事志望大学に合格しました。

    すると武志は、喜美子に一年前に八郎と会ったことを明かします。

    (108)「スカーレット」第18週「炎を信じて」 2/8
    スカーレット:公式サイト


    スポンサード リンク