朝ドラ「エール」11話(4/13) 第3週「いばらの道」 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » エール » 朝ドラ「エール」11話(4/13) 第3週「いばらの道」

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    朝ドラ「エール」11話(4/13) 第3週「いばらの道」

    NHK連続テレビ小説 エール(11)「いばらの道」
    2020年4月13(月)放送予定


    <エール 11話 あらすじ>

    時が流れ…

    大正15年(1926年)秋、福島。

    裕一は、17歳になりました。

    福島商業高校に通っていて、四年生です。

    裕一はハーモニカの倶楽部に入り音楽に夢中の毎日を送っていたため、勉強はそっちのけ。

    留年してしまいました。

    そんな裕一の事をよく思わない弟の浩二。

    長男でありながら家業の事を気にせず、好きなことばかりしているので納得がいきません。



    ある日、ハーモニカ倶楽部の会長・館林が実家を継ぐために音楽をやめると打ち明けました。

    舘林を尊敬していた裕一は、ショックを受けます。

    ハーモニカ倶楽部の定期演奏会に挑戦することになった裕一は、舘林を見返そうと曲作りに精を出します。

    しかし、思うように進みません。

    そこへ、父・三郎がやって来ました。

    三郎は、裕一に音楽家を目指す気持ちを確認します。

    「お前の夢は俺の夢、頑張れ」と言って、応援してくれました。

    そんななか、傾いている家業を商売を立て直そうとする三郎に、儲け話を持ち掛ける人物が現れます。

    「エール」第3週「いばらの道」 11話
    NHK エール 公式サイト


    スポンサード リンク