朝ドラ「エール」32話(5/12) 第7週「不採用続き」 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » エール » 朝ドラ「エール」32話(5/12) 第7週「不採用続き」

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    朝ドラ「エール」32話(5/12) 第7週「不採用続き」

    NHK連続テレビ小説 エール(32)「夢の新婚生活」
    2020年5月12日(火)放送予定


    <エール 32話 あらすじ>

    コロンブスレコードと専属契約した裕一は、プロの作曲家として仕事に励みましたが…

    21曲連続で不採用が続き、半年が過ぎていました。


    ある日、同期の木枯から、「契約金は印税の前払い金で、曲が売れないと全額返さなければならない」という話を聞き、落ち込みます。

    不安になった裕一は、音に契約金は借金同然だと打ち明けました。

    すると音は契約書を確認し、「返済しろとは書かれていない!」と断言します。



    一方、入学が許可された音は、『東京帝国音楽学校』へ通い始めました。

    音は学校で、プリンスと呼ばれる男子生徒と「最年少帝国コンクール金賞」の美少女・夏目千鶴子が歌っているのを目にします。

    二人の歌唱力は圧巻で、創立記念日に行われる『椿姫』の主役候補だと、だれもが納得するほどでした。


    ある日の昼休み。

    音は、一人でいる千鶴子を食事に誘いました。

    しかし、千鶴子は皆ライバルだと言って、音の誘いを断ります。

    「エール」第7週「夢の新婚生活」 32話
    NHK エール 公式サイト


    スポンサード リンク