朝ドラ「エール」34話(5/14) 第7週「小山田の推薦」 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » エール » 朝ドラ「エール」34話(5/14) 第7週「小山田の推薦」

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020
    朝ドラ「エール」62話(6/23) 第13週「佐藤久志音楽の道へ」 Jun 17, 2020
    朝ドラ「エール」61話(6/22) 第13週「スター発掘オーディション!」 Jun 16, 2020

    朝ドラ エール


    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」


    ・再放送「エール」第1回に戻って放送します!
    第01週/001回~005回/(06月29日~07月03日)「初めてのエール」

    スポンサード リンク

    朝ドラ「エール」34話(5/14) 第7週「小山田の推薦」

    NHK連続テレビ小説 エール(34)「夢の新婚生活」
    2020年5月14日(木)放送予定


    <エール 34話 あらすじ>

    喫茶バンブーへ行った裕一は、端正な顔立ちの男性と音が一緒にいるところを目撃します。

    するとその男性は、裕一の顔を見るなり話しかけてきました。

    「古山かぁ!」

    「僕だよ 佐藤久志」

    なんとプリンスは、裕一の幼馴染の佐藤久志でした。

    裕一もびっくりですが、音もびっくりです。

    久志は、裕一がコロンブスレコードの専属作曲家になっていると聞き、自分の目は正しかったと話します。

    スポンサード リンク


    裕一の曲は採用されません。不採用が続きます。

    さらに半年が経ち、契約更新が迫ります。

    裕一は、このままでは契約金を半額にすると廿日市に告げられてしまいました。

    音は、裕一が止めるのも聞かずにコロンブスレコードへと乗り込みました。

    音は廿日市を見つけると、裕一が契約できたのは作曲家・小山田先生が推薦してくれたことを知りました。

    「小山田先生の紹介で専属契約した主人をこんな扱いするなんて!!」

    音は、威勢よく小山田先生に相談すると宣言しました。

    廿日市は大慌てで、音を引き留めます。

    「エール」第7週「夢の新婚生活」 34話
    NHK エール 公式サイト


    スポンサード リンク