朝ドラ「エール」37話(5/19) 第8週「裕一の反論」 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » エール » 朝ドラ「エール」37話(5/19) 第8週「裕一の反論」

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    朝ドラ「エール」37話(5/19) 第8週「裕一の反論」

    NHK連続テレビ小説 エール(37)「紺碧(ぺき)の空」
    2020年5月19日(火)放送予定


    <エール 37話 あらすじ>

    裕一は、早稲田大学応援部の応援歌「紺碧の空」の作曲を引き受けました。

    コロンブスレコードへ行き、サロンで構想を練ります。

    そこへ、木枯がやって来ました。

    木枯から新人歌手の山藤太郎を紹介されます。

    山藤は、慶應応援団に応援歌『若き血』の歌唱指導をした人でした。



    裕一は喫茶『バンブー』で応援歌の作曲に取り掛かります。

    しかし、どうしても書けず悩みます。


    裕一は、音に不満を漏らします。

    音は、裕一が作る曲は、「こざかしい知識をひけらかして曲を台無しにしてる」と廿日市が言っていたと伝えます。

    「自分の音楽は捨てない!」

    裕一はむきになって反論します。


    裕一は、怒りのまま作曲作りに取り組みました。

    でも、裕一が作った曲は応援歌ではありません。

    自分の才能を証明するための交響曲でした。


    一方、応援部の部員たちは、応援歌の完成を待ち望んでいました。

    そこへ、大学の事務局長が訪ねて来ます。

    事務局長は、応援歌を勝手に作ってもらっては困ると言います。

    そして、「小山田先生に頼んであげましょう」と。

    「エール」第8週「紺碧(ぺき)の空」 37話
    NHK エール 公式サイト


    スポンサード リンク