朝ドラ「エール」42話(5/26) 第9週「音、カフェーで働く」 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » エール » 朝ドラ「エール」42話(5/26) 第9週「音、カフェーで働く」

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    朝ドラ「エール」42話(5/26) 第9週「音、カフェーで働く」

    NHK連続テレビ小説 エール(42)「東京恋物語」
    2020年5月26日(火)放送予定


    <エール 42話 あらすじ>

    音楽学校の記念公演『椿姫』のヴィオレッタ役を選考する二次審査が行われました。

    そこには、音が憧れるオペラ歌手の双浦環の姿が。

    全員が歌い上げると、審査員を務める双浦環が質問しました。

    「歌っている時に何を考えていましたか?」

    夏目千鶴子は「観客に楽しんでもらえるように」

    音は「歌って楽しいなと思いながら」と答えました。


    審査結果がでました。

    音と千鶴子が最終選考へと進みました。

    合格したのは二人だけでした。

    喜びもつかの間、音は環からショックな言葉を受けました。

    「あなたの歌からは何も伝わってこなかった」と。



    音は環からの言葉を受け、「椿姫」の世界を理解しようと考えます。

    『椿姫』は悲恋の物語です。

    恋愛経験の少ない音は、主人公・ヴィオレッタの気持ちを理解できません。

    久志にアドバイスを仰ぎます。

    恋愛小説を片っ端から読みはじめましたが、いまいちピントこず、理解に苦しみます。


    音は、なんとカフェーで新人女給として働き始めました。

    ヴィオレッタ役になりきるためには、恋心を知らなくては!

    勉強の為に一週間だけの約束です。

    音は張り切って接客に励みますが…

    音の性格からして、ニコニコ、おとなしくしていられません。

    「エール」第9週「東京恋物語」42話
    NHK エール 公式サイト


    スポンサード リンク