朝ドラ「エール」50話(6/5) 第10週「降板と退学」 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » エール » 朝ドラ「エール」50話(6/5) 第10週「降板と退学」

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020
    朝ドラ「エール」62話(6/23) 第13週「佐藤久志音楽の道へ」 Jun 17, 2020
    朝ドラ「エール」61話(6/22) 第13週「スター発掘オーディション!」 Jun 16, 2020

    朝ドラ エール


    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」


    ・再放送「エール」第1回に戻って放送します!
    第01週/001回~005回/(06月29日~07月03日)「初めてのエール」

    スポンサード リンク

    朝ドラ「エール」50話(6/5) 第10週「降板と退学」

    NHK連続テレビ小説 エール(50)「響きあう夢」
    2020年6月5日(金)放送予定


    <エール 50話 あらすじ>

    音楽学校の『椿姫』の稽古に励む音は、体調不良が続いていました。

    つわりが酷く、起き上がることさえままならない状態です。

    音の体調を心配する裕一は、稽古を休むことをすすめます。

    しかし、プリマドンナを演じたいと強い信念をもつ音は、学校へ行くことを諦めません。

    ところが、練習に参加できない日々が2週間続いてしまいます。

    音は、いなくなってしまいました。

    スポンサード リンク

    裕一は音を捜しまわり、音楽学校へ向かいます。

    音は一人で稽古をしていました。

    声が思うように声が出ていません。


    音の気持ちを察し、裕一は音を静かに抱きしめます。

    そして、「舞台に出るべきではない」と伝えました。

    裕一は、「音の夢を僕に預けでくれないか?」と、音に希望を持たせます。

    音の瞳から涙が零れ落ちます。そして、うなずくのでした。


    音は、『椿姫』の降板を申し出ました。

    そして、退学届けを提出します。

    双浦環は、音の才能を見込んでいたため、とても残念がりました。

    しかし、音は、「私は夢を諦めたわけじゃありません」と力強く答えます。


    半年後

    古山家には、可愛い女の子が誕生しました。

    名前は、華(はな)と名付けられました。

    「エール」第10週「響きあう夢」50話
    NHK エール 公式サイト


    スポンサード リンク