朝ドラ「エール」53話(6/10) 第11週「三郎の体調」 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » エール » 朝ドラ「エール」53話(6/10) 第11週「三郎の体調」

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    朝ドラ「エール」53話(6/10) 第11週「三郎の体調」

    NHK連続テレビ小説 エール(53)「家族のうた」
    2020年6月10日(水)放送予定


    <エール 53話 あらすじ>

    福島の実家を飛び出して以来、久しぶりに帰ってきた裕一。

    三郎は、裕一の幼なじみや川俣銀行時代の同僚、ハーモニカ倶楽部の仲間たち、喜多一の元従業員を招き、宴会を開きました。

    三郎は上機嫌で、宴会は大いに盛り上がります。


    そんななか、役場で働いている浩二が帰宅します。

    浩二は裕一を睨みつけ、「よぐヘラヘラど帰ってこれだな!」と、冷たい態度。

    さらには、三郎を叱り飛ばしました。



    音は、まさの手伝いをしています。

    まさは、音に感謝の言葉をかけました。

    三郎の様子が気になっていた音は、体調が悪いのではないかとたずねます。

    まさは、『胃潰瘍』だと言いますが…。

    まさの言葉が本心ではないと気になっていた音は、裕一に打ち明けます。

    裕一と音は、しばらく古山家に滞在することを決めました。


    翌朝、裕一は三郎のことを浩二に問いただします。

    「エール」第11週「」53話
    NHK エール 公式サイト


    スポンサード リンク