朝ドラ「エール」58話(6/17) 第12週「古本屋の恋」 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » エール » 朝ドラ「エール」58話(6/17) 第12週「古本屋の恋」

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020
    朝ドラ「エール」62話(6/23) 第13週「佐藤久志音楽の道へ」 Jun 17, 2020
    朝ドラ「エール」61話(6/22) 第13週「スター発掘オーディション!」 Jun 16, 2020

    朝ドラ エール


    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」


    ・再放送「エール」第1回に戻って放送します!
    第01週/001回~005回/(06月29日~07月03日)「初めてのエール」

    スポンサード リンク

    朝ドラ「エール」58話(6/17) 第12週「古本屋の恋」

    NHK連続テレビ小説 エール(58)「古本屋の恋」
    2020年6月17日(水)放送予定


    <エール 58話 あらすじ>

    ある日、裕一は喫茶『バンブー』の店主・保に、店名『バンブー』の由来を聞きました。

    すると、恵は保との馴れ初めを話し始めます。


    喫茶「バンブー」の保と恵の物語。

    10年前。

    保は亡き両親の跡をついで、神田で小さな古本屋を営んでいました。

    人づきあいが苦手な保は、いつも店に引き籠っています。

    ある日、若い女性客がやって来ます。

    保には珍しく、会話が弾みました。

    その女性は、二宮恵と名乗って、また来ると言いました。

    それ以来、毎週木曜に通ってくれます。

    保は恵の来店を心待ちにしていました。

    スポンサード リンク


    三か月が経過。

    「ずっと一人でいいの?」

    お店の常連客木下は、保に恵への気持ちを確かめました。

    木下は、なんと!親戚の少年・佐藤久志を連れています。

    久志は、「なぜ行動に出ないのですか?」と保にたずねます。

    そして、保の背中を押してあげました。


    保と恵の恋のキューピットは、幼い久志でした。


    喫茶『バンブー』の由来は…

    竹の根がすごいから、地に足着ける意味も含めて付けたのが店名の由来です。

    「エール」第12週「古本屋の恋」58話
    NHK エール 公式サイト


    スポンサード リンク