朝ドラ「エール」59話(6/18) 第12週「環のパリの物語」 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » エール » 朝ドラ「エール」59話(6/18) 第12週「環のパリの物語」

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    朝ドラ「エール」59話(6/18) 第12週「環のパリの物語」

    NHK連続テレビ小説 エール(59)「環のパリの物語」
    2020年6月18日(木)放送予定


    <エール 59話 あらすじ>

    日本人初の世界的なオペラ歌手となる双浦環の物語。


    環は、パリで声楽を学ぶ無名の留学生です。

    ある日、パリ在住の友人・里子に誘われて、日本人画家の主催するホームパーティーに参加しました。

    しかし、フランス語が話せない環は、場の雰囲気に馴染めません。

    すると、パーティーの主催者で、美術界で注目を浴びる新進気鋭の画家・今村嗣人が環に声をかけました。


    数日後。

    偶然、環と嗣人はカフェで再会しました。

    話しが弾んだ二人は、それぞれの夢を語り合います。

    嗣人は世界に認められる画家、環はスカラ座やオペラ座の舞台に立つ夢を明かしました。



    「一緒に叶えよう!」

    二人は、恋に落ちました。

    嗣人のアパートメントで暮らし始めます。


    ある日、友人の里子から、イタリアの著名な作曲家・プッチーニが、日本を舞台にしたオペラを作曲したと聞きました。

    世界的舞台に立てる最大のチャンスです。

    「エール」第12週「環のパリの物語」59話
    NHK エール 公式サイト


    スポンサード リンク