朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » エール » 朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」

    NHK連続テレビ小説 エール(64)「スター発掘オーディション!」
    2020年6月25日(木)放送予定


    <エール 64話 あらすじ>

    佐藤久志の物語

    オーディション当日。

    参加者が数多くいるにもかかわらず、久志と御手洗は、ライバル心を燃やしています。

    合格できるのは一人だけです。

    裕一は久志を、音は御手洗先生が受かることを願いますが、結果的には二人とも悔いのない戦いができるよう精一杯応援します。


    久志と御手洗は、自分の実力を発揮する見事な歌唱力を披露しました。

    裕一は歌手・藤丸と一緒に応募者の歌を聞きました。

    プロ顔負けの歌唱力を持つ実力者が数多くいます。



    喫茶『バンブー』では、オーディションが終了した久志が。

    「僕で決まりだろ。楽勝さ!」

    自身がある久志は、鉄男に得意げです。

    そこへ、音と御手洗もやって来ます。

    御手洗は、おそらく自分か久志だろうと言います。

    しかし、応募者の歌を聞いた裕一は、他にも強者ぞろいだったと感想を述べました。


    オーディションの結果は、新聞で発表されます。

    新聞配達を待ちかまえた裕一と音は、ドキドキしながら紙面に目を通しました。

    『コロンブスレコード専属新人歌手は、寅田熊次郎さんに決定!』

    がっかりした裕一と音。

    すると裕一は、選ばれた新人歌手の名前に見覚えが…。

    熊次郎…、『帝都ラジオ』会長の息子だ!


    審査結果に納得できない御手洗と久志は、コロンブスレコードへ乗り込みます。

    そこへ、ちょうど契約に来ていた熊次郎と鉢合わせました。

    熊次郎は、「見苦しいんだよ、おっさんっ」と罵声を浴びせます。

    「エール」第13週「スター発掘オーディション!」64話
    NHK エール 公式サイト


    スポンサード リンク