朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » エール » 朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」

    NHK連続テレビ小説 エール(65)「スター発掘オーディション!」
    2020年6月26日(金)放送予定


    <エール 65話 あらすじ>

    佐藤久志の物語

    オーディションの結果は…

    『コロンブスレコード専属新人歌手は、寅田熊次郎さんに決定!』

    『帝都ラジオ』会長の息子が選ばれたことに納得がいかない久志と御手洗は、コロンブスレコードへ乗り込みます。

    そこへ、ちょうど契約に来ていた熊次郎と鉢合わせました。

    熊次郎は、「見苦しいんだよ、おっさん」と罵声を浴びせます。


    久志はケガをしてしまいました。

    裕一と御手洗は、とりあえず喫茶『バンブー』へ久志を連れて戻ります。

    久志の手当をするなか、裕一は皆に一連の出来事を話します。

    そして、廿日市が、久志を『研究生』として契約してもいいと言ってくれていました。

    研究生ですから、雑用から始めなくてはいけません。

    それでも、歌手デビューの道は開けると。

    スポンサード リンク


    久志は断るといいました。

    すると御手洗が「断っちゃだめ!選ばれた以上、輝かなきゃ!」と、久志の背中を後押しします。

    御手洗の言葉に心を動かされた久志は、「必ずデビューする!」と誓います。

    2人は、固い握手を交しました。


    コロンブスレコードでは、社員に顔合わせをする専属歌手・寅田熊次郎と研究生・久志。

    熊次郎はすぐに生意気な態度に変わりました。

    一方、久志は、採用してくれた廿日市にお礼を言うと必ずスターになると約束しました。


    裕一は、熊次郎のデビュー曲を書き上げました。

    久志が目を通します。

    すると、「この曲は僕がもらう。これじゃあ、あいつが売れちまうだろ」と言って楽譜を奪いました。

    そこへ、見知らぬ青年が古山家を訪ねて来ます。

    「僕を、弟子にしてくれねぇでしょうか!」

    「エール」第13週「スター発掘オーディション!」65話
    NHK エール 公式サイト


    スポンサード リンク