朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » エール » 朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日)

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日)

    朝ドラ「エール」15週
    「先生のうた」(71回~075回) 9月21日~9月25日 まとめ



    NHK連続テレビ小説 エール「先生のうた」
    昭和12年(1937年)日中戦争が勃発。

    日本は戦時体制に入り、人々の暮らしに変化が表れ始めます。

    古山家では、まだ他人事のよう。


    ある日、新聞を読んでいた裕一は、公募で入選した『露営の歌』という歌詞に心が惹かれます。

    すらすらと曲がうかび、あっという間に曲が完成します。

    裕一が作曲した『露営の歌』は採用され、歌手には久志が起用されます。


    発売されると…

    出征する兵士の見送りの際に歌われ、空前の大ヒットを記録します。

    スポンサード リンク

    翌年の昭和13年(1938年)のある日。

    裕一は、吟の夫・智彦から陸軍が製作する映画『暁に祈る』の主題歌の作曲を懇願されました。

    裕一は条件付きで引き受けます。

    その条件とは、裕一が作曲、鉄男が作詞、久志が歌を担当するというものです。

    「福島三羽ガラス」の復活です。


    ところが、鉄男の作詞にダメ出しが続きます。

    六回もやり直しが続きました。

    クビを宣告されてしまいます。

    裕一は、鉄男が作詞ができないならこの仕事は引き受けられないと陸軍に宣言します。


    そんな鉄男を心配した裕一は、鉄男を連れて福島の実家に帰省しました。

    一足先に着いた久志が待っています。

    裕一、鉄男、久志が恩師の藤堂先生と再会します。

    久しぶりの再会に嬉しさ一杯です。


    鉄男は、藤堂に作詞の悩みを打ち明けました。

    すると、藤堂から「戦地に旅立つ自分のことを想って歌詞を書いてくれないか?」と告げられました。

    裕一は、昌子から告げられます。

    藤堂は、出征することが決まったのです。

    藤堂の言葉によって、鉄男は恩師への想いを込めて作詞を書き始めます。


    数日後、作詞を完成させることができた鉄男は、裕一と共に陸軍に足を運びました。

    そして、その歌詞に込めた想いを語ります。

    鉄男の歌詞は採用されました。


    戦いに行く人の心に近づきたいと祈りながら書いた「暁に祈る」は、大ヒットを記録します。

    裕一たちの悲願だった「福島三羽ガラス」は、見事に世に羽ばたきました!

    ♦エール 15週まとめ あらすじ
    NHK エール 公式サイト


    スポンサード リンク